のんびり楽しむ海外ドラマ

海外ドラマの感想やトリビアをのんびりと綴っています。一昔前のお気に入りドラマをマイペースで視聴中。


魔術師マーリン シーズン4 あらすじ

第1話 死界の門番

モルガーナはキャメロットの兵士を倒して祝福の島へと向かい、死にかけているモルゴースをいけにえにしてさらなる魔力を得ようとしていた。その時死海の門番が現れ、モルガーナにエムリスに滅ぼされると告げる。同じ時、キャメロットでは宴の真っ最中で、マーリンはエムリスと呼びかける老女の幻を見て気絶する。村が影のようなものに襲われたと村の娘が助けを求めにやって来る。アーサー達が村の様子を見に行くと村人達は死に絶えていて白い影のようなものに襲われ、たいまつで遠ざけるのがやっとだった。マーリンは魔法を使おうとするが使えず、恐怖に怯えているだけだった。ガイアスの話では白い影は死霊の精霊ドロカで、それに触れられると誰も生きてはいられないとのこと。アーサーは死界のベールを修復しに旅立つことを決め、マーリンも一緒に行くことに。

第2話 命尽きても

アーサーをかばってドロカに触れてしまい死にかけているマーリンを、ランスロットが護衛してキャメロットまで連れ帰り、アーサー達は祝福の島へと旅を続ける。ランスロットは川べりで休憩していると川の精ヴィリアに呼びかけられ、妖精達がマーリンを回復させ、ランスロットにも休むよう伝える。翌朝にはマーリンは元気になり、急いでアーサー達を追うことに。アーサー達は魔物が住む洞窟を抜けようとするが、相手に気づかれて走って逃げ出す。マーリン達は山小屋で一夜を明かすことにするが、窓からの風で火が消えてしまいドロカが侵入してくる。急いで2人は逃げ出しマーリンが呪文を唱えドラゴンの助けでドロカを一層。古い友人との再会を惜しむ間もなく、2人はアーサーの後を追う。キャメロットは食料難から閉門されていたが、アグラヴェインは表向きグウェンの意見に賛成して開門する。

第3話 キャメロットの憂い

キャメロットではアーサーの誕生日の宴が行われ、ウーサー王も出席することに。余興も盛り上がりアーサーも楽しんでいたが、息子を殺されたオーディンの刺客が入り込んでいた。刺客はりんごに薬を塗ってアーサーに食べさせ、意識が朦朧としたところで襲う計画を立てている。アーサーは寝る前に父の様子を見に行くが、そこで刺客に襲いかかられ応戦する間もなく気を失ってしまう。代わりにウーサーが息子を守るために戦うが、刺客のナイフに倒れてしまう。ガイアスの見立てではナイフが心臓にまで達していて、ウーサーの命は数日しかもたないとのこと。まだ父を失いたくないとアーサーは魔法で父を助けようと言い出し、マーリンは年老いた魔法使いのふりをしてアーサーに会う。アグラヴェインはこのことをモルガーナに報告し、彼女は黒魔術で魔法を逆にかける首飾りをアグラヴェインに持たせ、ウーサーの首にかけろと指示する。

第4話 竜使いの使命

ガイアスの教え子ボーデンがガイアスの元へやって来て、トリスケリオンの墓の鍵を探すのを手伝って欲しいと頼まれる。墓の中にはドラゴンの卵が眠っているという言い伝えがあり、400年間ずっと隠されているとのこと。ガイアスはボーデンを信用できないと誘いを断るが、その話をこっそりマーリンが聞いていた。さっそくマーリンはドラゴンに会いに行き、ドラゴンはぜひとも卵を手に入れてくれと頼む。マーリンはボーデンに接触し、キャメロットの地下に入る鍵をアーサーから盗み出し、ボーデンを地下に入れるが脱出する時に頭を殴られて気絶してしまう。鍵が盗まれたのを知ったアーサー達はボーデンの後を追って墓を目指す。眠っている最中にマーリンはエムリスと自分を呼ぶ声に起こされて、ドルイド達からの忠告を聞くことに。

第5話 アーサー王の試練

領土に侵入して来た無法者達を捕まえたアーサー達。その中にカーリーオンの国王がいて、アーサーは捕虜として捕らえるつもりだったが、アグラヴェインはウーサー王のような強さを見せる必要があると助言する。カーリーオンに領土を渡すよう要求し、応じないなら極刑に処するのがいいとのこと。一晩じっくり考えたアーサーはアグラヴェインの助言に従ってカーリーオンの国王を処刑する。モルガーナはカーリーオンの女王の元へ行って復讐するようたきつけ、自分も協力すると申し出る。カーリーオンが責めてくるとの情報が入り、キャメロット軍は迎え打つためにアーサー自ら軍を率いて戦争に突入する構えだった。アーサーは自分が間違った決断をしたと悔いていて、野営中にこっそり抜け出してカーリーオン女王の元へ行こうとしていて、その後をマーリンがつけていた。

第6話 裏切りの従者

堕ちた王の渓谷を通っていたアーサー達は山賊たちに襲われてしまう。マーリンはアーサーを助けようと落石を落とし、自分は山賊たちに捕まって連れて行かれたのはモルガーナのところだった。彼女の黒魔術でフォモローを体内に入れられ、アーサーを殺すよう命じられる。アーサーはマーリンを捜索していると森の中で彼を見つけ、無事にキャメロットまで戻って来る。マーリンはガイアスに強力な毒について聞き、アーサーに毒を盛った食事を食べさせようとするが失敗。豚に食べさせてしまって豚が全滅する。騎士にボーガンについて聞き、クローゼットに仕掛けを作ってアーサーを殺そうとするが、ガイアスとグウェンがフォモローに気づいてマーリンを止める。フォモローを麻痺させてマーリンの体内から取り出すが、別のフォモローが活動し始めてまたマーリンを支配しようとする。

第7話 エムリスの運命

アグラヴェインはアーサーに内通者はガイアスだという情報を吹き込み、彼を尋問することに。ウーサーを殺した魔法使いはガイアスの知り合いで、彼に関する情報を隠したガイアスにアーサーは疑いを持ち始める。モルガーナは司祭アラトーに頼み、ガイアスからエムリスの情報を聞き出すことに。その夜、アグラヴェインはマーリンに仕事を命じて、その隙にアグラヴェインの手引きでアラトーがキャメロットに入り込んでガイアスを誘拐する。アグラヴェインはガイアスが夜逃げしたように見せかけて魔法に関する本をばらまいていた。マーリンはガイアスが誘拐されたと信じていて、アグラヴェインの靴についていた土を持ち帰る。マーリンを心配したガウェインが家にやって来てマーリンの持っていた土には鉄が含まれていると教え、2人でガイアスを探しに出かける。

第8話 死を呼ぶキス

グウェンの知り合いが遠い村から訪ねて来て、村で謎の疫病が流行っていて力を貸してくれと頼まれる。ガイアスはキャメロットで流行っている疫病の手当てで王国を離れられないため、マーリンが代わりに行くことに。アーサーの騎士達とマーリン、グウェンとで村に向かい治療をするが、魔法によるもので村人達は回復しなかった。いったん全員がキャメロットに戻ろうとしていると、山賊に襲われている少女ラミアを発見し彼女を助ける。しかし、騎士達は1人1人と様子がおかしくなり、キャメロットの反対方向へラミアを送って行くと言って聞かない。アーサーは騎士達の戻りが遅いとガイアスを連れて村まで行くが、数日前に騎士達はキャメロットに戻ったとのこと。アーサーは彼らの足取りをたどって捜索を続ける。

第9話 ランスロットの誘惑

アーサーがグウェンにプロポーズしようとしてるのを知ったアグラヴェインは、モルガーナに報告する。モルガーナは死んだ者を影としてよみがえらせる黒魔術を使って、ランスロットの影を復活させる。ランスロットはモルガーナを主として仰ぎ、モルガーナは彼をキャメロットに送り込んでグウェンを誘惑させることに。キャメロットではアーサーの婚約を祝った槍大会が開かれていた。そこへランスロットが乱入し、モルガーナが考えたシナリオを誰もが信じ込む。マーリンはランスロットを自分の部屋に泊めて魔法のことをもらすが彼は何も覚えていなかった。本の中からネクロマンサーの魔法で彼がよみがえったと知りガイアスに相談して真偽を見極めると、彼は影だとわかる。ランスロットはグウェンに会い幸運のお守りだとモルガーナの呪いがかかったブレスレットを渡す。

第10話 新しい時代の幕開け

アーサー達は森の中でドルイドの墓地を発見する。マーリンはこの場所は呪われていると忠告するが、エリアンは墓地にあった井戸の水を飲み、少年の悪霊にとりつかれてしまう。その日からエリアンの様子がおかしくなり、武術の訓練後に何かに怯えるように倒れてしまう。ガイアスに見てもらうがエリアンは口を聞こうとはせず、悪霊に取りつかれているとガイアスは気づく。その夜、エリアンはアーサーに襲い掛かり牢に入れられてしまう。アグラヴェインはエリアンを処刑すべきだと主張するがマーリンは反対し、アーサーはひと晩考えることに。マーリンは牢からエリアンを逃すが、途中で気絶させられてしまう。ガイアスと共に墓地を見に行ったマーリンはドルイド達が全ウーサー王によって殺され強い恨みを抱いていると話す。


第11話 消えぬ思い

グウェンは小さな村で豚の世話をしていたが、村が襲われ捕まってしまう。将軍ヘリオスはグウェンを気に入り、きれいな服に着替えさせてもてなすことに。アーサーはネメス国と同盟を結ぶ決断をし、ネメスの王女ミシアンとの婚約を発表する。マーリンはグウェンとのことがあってまだ早すぎると忠告するが、アーサーは聞こうとはしない。アグラヴェインは地図職人の青年を脅して王国の地下の地図を手に入れようとするが失敗し、青年を殺してしまう。グウェンはヘリオスに夕食に招かれていたが、その最中にモルガーナが到着したという知らせを聞いて急いで隠れる。ヘリオスとモルガーナはキャメロットを攻める計画を話していた。キャメロットにミシアン王女が到着し、あまりの美しさにアーサーも言葉を失ってしまう。

第12話 奪われた王国

アグラヴェインはキャメロット内から手引きをして、モルガーナ達に合図を送る。モルガーナとヘリオンの兵士達はキャメロットの地下から潜入し、キャメロットの王宮内で戦いが始まってしまう。奇襲を受けたキャメロットは形成不利で、アーサーは最後まで戦おうとするが、無事にアーサーをキャメロットから出すために服従の魔法をかけて言うことを聞かせる。アーサー達を守っていた騎士達もモルガーナの魔法で分断され、捕らえられた者もいれば森の中に逃げ込んだ者もいる。マーリン達は彼の故郷イアルドーを目指すことに。アーサーの服は目立ちすぎるため、マーリンは途中で村人の服をアーサーに着せて逃げていると、トリスタンとイゾルテが率いる盗賊に襲われかける。彼らはアーサーが魔法で間抜けになっているのを見て危険はないと2人を見逃すことに。

第13話 王の資質

アグラヴェイン率いる兵達に追われているマーリンやアーサー達は森の中へ逃げ込み、マーリンはドラゴンを召還して兵士達を焼き払ってもらう。マーリン達は洞窟の中を進んで行くが、アグラヴェインや兵士の生き残り達も同じ洞窟内にいた。マーリンは後方の様子を見に行き、魔法で岩を落としてアグラヴェインにとどめを刺す。モルガーナはガウェインに兵士達と戦わせて、勝ったらパンを与えていた。空腹で急速に体力が衰えているガイアスにパンを与えようとするが、戦っているガウェインに食べさせるよう指示する。トリスタンはアーサーには王の資質はなく普通の人間だと言われ、アーサーもすっかり気落ちしてしまう。マーリンは何とかアーサーに自信を取り戻させようとドラゴンに協力してもらって、キャメロットから逃げ出した人々を集めてもらって、岩に刺さった剣を引き抜かせることに。

MERLIN: SEASON 4


【スポンサードリンク】
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
海外ドラマDVDランキング
Powered by fun9.net
ランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ